2011年11月20日

卒論書き始めた

やあ!四年の糞じじいだよ!
今日はアドマチで四年のBBA(ばばあ)の地元が特集されてたね!
だけど草加に興味はないよ!そうかそうか!!

ところで寝ないもん!!!!

以下の写真は高円寺のライブハウスでの演奏の模様!
出演者の方(バンド名:灰緑)に「撮影していいですか?」と図々しくノンアポで尋ねたところ、「ばっちこーい!」とケツをぺしぺしやりながら、「ケツ毛剃らなきゃ」と快諾してもらった結果だよ!撮影の際はちゃんと声をかけないとね!

h2.jpg

h4.jpg

t2.jpg

t3.jpg

後半の写真は高野P介と1997年ってバンドなんだけど、「あなたがリツイートしても原発は止まらない」って曲が最高に面白くてかっこよかったよ!

次にあげる動画はそれとは一切関係ないよ。
上段のバンド、灰緑の名曲「甲子園」の動画だよ!


posted by inou at 00:18| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

友川カズキ at NAKED LOFT 4.16

昨日、新宿NAKED LOFTでの友川カズキ ワンマンライブに行ってきました。
21歳のペーペーがなぜ友川カズキか。これは偏に詩に惹かれたわけですが、らーめんさんがよく口にする「奇跡の夜」に浸りたいという思いもありました。そんなわけで純度100パーセント友川カズキの夜を求めて、僕は新宿を訪れた。
曲については動画見てください。解説しうる言葉を僕は持ち合わせておりません。

俺はただ「生きてるって言ってみろ」を聴いたときに目から液体が流れただけでした。生活していれば汗腺から動物臭い液体はでる。花粉にやられて鼻から液体は垂れる。居眠りすれば口から出た液体が池をつくる。しかし目からはそう簡単に出ない。あくびをすればなんて野暮なことを言ってはいけません。魂が震えない限り、目から液体が出ることはないのです。あなたの魂が最後に震えたのはいつか。

ライブが終わり、生まれて初めて物販で買い物して、手に入れた歌詞集にサインしてもらって、満足して家に帰りました。そして母が作ってくれていた夕飯をレンジで温めて食べました。でもね変なんです。箸を持つ手がわなわな震えるんです。よく見ると左手も、というか全身震えている。多分、納まっていないんですね。俺は今日、勝手にですけど友川さんの魂を自分の中に取り込んできたんです。歌のみならず小説も映画も写真も絵画も何もかも、作り手の魂がこもったものに触れれば、その魂を自分の中に取り込んで血肉に還元することができると僕は思っています。つまり今、僕の魂は友川さんの魂を吸収せんとしている。その作業が難航しているから僕の身体は震えている。この震えが長引けば長引くほど、「奇跡の夜」は僕にとって価値があったという証明になるわけです。

ライブのカテゴリで書きましたが全くライブレポにならず。しかも文章滅茶苦茶で恥ずかしい。心がざわざわしていて書くことがまとまらないんです。
しかしこの記事の目的は、友川カズキの魂に感応するだけの魂を俺は持っているということと、たこ八郎さんの名言を添えたサインを頂いたことを、誰にともなく自慢すること。それだけです。

sign_tomokawa.jpg



posted by inou at 03:58| Comment(3) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

tokimekinishisu

名称未設定 1.jpg

ボアズの新曲をCDで聞いてます。
ときめきにしす。って曲なんですけど、これがまたええのですよ。
彼らのタイトルは本当良いですねえ。丸山健二も読むんですかねえ。文学青年の心もくすぐるセンス。まあ石原さんはツイッターで種田山頭火botフォローしてるしな。歩きつづける彼岸花咲きつづける。

曲調は割とポップ。メキシコとかそんな感じの曲調です。いやあ幅広いですよねえ。アングラチックな聞かせる曲から、こうしたポップまでいけちゃう。
サウンドも初めて癖のない音源ですよ。プロのエンジニアがマスタリングしたのですね。デモ音源はMTR一発撮りで、音がバカでかくて、荒々しい。マツリスタジオのは完全向井サウンド。いろいろ楽しめて飽きないですな。

石原氏のような髪型に憧れています。


そういえばいつの間にか、ふくろうずのCDがタワレコで売っててびっくりした。近頃、地下音楽が台頭してきてにやにやします。セバスチャンの人気とかすごいよね。
ま、夏にはオワリカラもついにドカンとデビューするし、日本の音楽は安泰ですね。新宿では今日も奇跡が起きているのです。
このブログとか読んでちょっとでも音楽興味持った人いたら、暇なとき新宿motionっていうライブハウスに寄ってみると良いですよ。
ライブってその時限りの、一瞬で儚いものかもしれないけど、その一瞬の音に命かける人たちを目の当たりにしたら胸がときめきますって。悩み事なんてちっぽけに感じる。世界がちっぽけに感じる。
posted by inou at 22:55| Comment(2) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。