2011年12月23日

メリークリスマス

23 19 46 24.jpg

ついに展示始まりました。短い期間ではありますがよろしくお願いします。

ところで、展示の御挨拶をわたくしコダイラが、せんえつながら代表して書かせていただきました。
もしこれから来るか否か迷っている方がいたら、この文章を読んで、決心してくれたら嬉しい。

―國明展にあたって―
「本日は明治大学写真技術研究部(以下、シャギ)、そして國學院大學T部写真部(以下、こくふぉと)の記念すべき初の合同展「國明展」にご来場いただき、誠にありがとうございます。
 この合同展、前述の通り初めての催しでございます。こくふぉとは〈六大学〉などの括りでもございませんし、渋谷にキャンパスを構えているのは名ばかりで、センター街のGALやカラーギャング達に後ろ指さされながら学生生活を送っています。シャギに至っては、神奈川の秘境、かの有名な「生田」を領土とする団体でございます。
 
このような一見どこにも関連性のない二団体が、なぜ合同で展示をやる運びとなったのか。それは「写真を愛していた」この崇高な想いだけに尽きます。出会うべくして、私たちは出会ったのです。たまたまクリックした互いのホームページ、そうあれは約二年前でした。互いの写真展へと足を運びました。
 この出会いに言葉はいりませんでした。常に私たちの心へ侵入し、締めつけて離さないのは〈写真〉でした。この異なる二団体で展示をしたらきっと面白いエネルギーが生まれるのではないか、そんな言葉は交わさずとも、意思の疎通が行われていました。

シャギとこくふぉと、互いに異なる環境で活動しているため、展示中の作品には様々なジャンルや、展示者の個性が表れていると思います。しかしながらどれも、シャッターを切って、この流動的な世界の瞬間をパッケージした〈写真〉には違いありません。それだけは不変なのです。
 ばらばらなものも、ある一点が、どこかで結びついていると思います。その集約された一点から溢れる力が、御来場の皆様にわずかでも伝わり、なにかを感じ取っていただけたら幸いです。
 それでは最後まで、「國明展」をお楽しみください。


國學院大學T部写真部、明治大学写真技術研究部、一同」

メリクリと言えば、ウィーザーがカバーしたBOAの「メリクリ」が可愛くて好き

posted by inou at 19:53| Comment(0) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。